NOTE,WEBLOG | 鈴木竜典 写真室

2018年11月6日

マチオモイカレンダー 2019

 

こんにちは。R-room岡部です。

 

日を増すごとに夕暮れが早くなってきましたね。

ハロウィンが過ぎたら、年末年始の話題が行きかうようにまりした。

 

さて、実はこの時期にご紹介出来る事を大変楽しみにしていました!

 

毎年、「ゆうちょ銀行とマチオモイ帖*1」がタイアップして、
全国各地のマチへの想いを綴った「ゆうちょマチオモイカレンダー」が
制作されており、この度2019年版が完成しました。

 

R-room_0279_s

 

 

そして!このカレンダー、北海道・東北・信越・北陸エリア版に
鈴木の写真作品”じゅんさい沼寒天”が採用されました!!
6月の三種町に広がるじゅんさい沼。私たちが暮らす秋田には、
世界に誇れる豊かな風土がたくさんあります。

そんな風景を秋田の食文化に写し取りました。

 

マチオモイカレンダーは全国の郵便局・ゆうちょ銀行で配布していますが、
在庫がなくなりしだい終了となります。

 

ぜひ!お近くの郵便局でお問い合わせください!

 

*1「マチオモイ帖」 全国のクリエーターが、自分にとって大切なふるさとの町、
学生時代を過ごした町など想いの詰まった町を自分の目線で切り取り、小さな冊子や
映像にして展示会等で届けるプロジェクト。

 

11月8日・9日の東京都丸の内 KITTE 地下1階

「my home town わたしのマチオモイ帖 特別展」にも展示されています。

もしご興味ございましたら、お立ち寄り下さい。

http://machiomoi.net/exhibition_2018/

 

「my home town わたしのマチオモイ帖 特別展」

 

【会期】

2018年11月8日(木)〜9日(金)

11月8日(木)11:00〜20:00

11月9日(金)11:00〜19:00

 

【会場】

KITTE地下1F 東京シティアイ パフォーマンスゾーン

東京都千代田区丸の内2丁目7番2号 KITTE地下1F

https://www.tokyocity-i.jp/

 

【展示内容】

これまでの全作品からセレクトした約200作品

新作ポストカード約100作品

ゆうちょマチオモイカレンダー2019

 

【入場】  無料

 

 

2018年11月1日

真っ赤な果実のような

こんにちは。R-room岡部です。

 

先日知り合いの方から収穫イベントにお誘いいただきました。
伺ったのは、由利本荘市です。

 

ハウスの中には、頭上まで伸びた枝にたわわに実った
真っ赤なミニトマトが。
こんなにのびのびと育ったミニトマトは初めてです。

 

収穫体験をさせていただきました。
まるで葡萄畑にいるような感覚。

 

 

R-room_9805_s

 

どれもはち切れそうなくらい熟していておいしそー。
自由に試食もOKと聞き、早速一口。
これは想像以上!あまーい!!

 

 

本当に果物のような甘さです。収穫するより口に運んでしまうことが多い!(笑)

真っ赤な果実のようなトマトに夢中の鈴木。

シャッター音も軽やかです。

 

 

R-room_1219_01

 

 

 

2018年10月11日

故郷への想い

こんにちは。R-room岡部です。

突然ですが、皆さんは「大いなる秋田」を
知っていますか?

 

私たちの暮らす秋田県には、「県民歌」と「県民の歌」という

2つの歌が歌い継がれていて、その2曲を含め、合唱と吹奏楽のための楽曲として
昭和43年、今から50年前に「大いなる秋田」が生まれました。

 

第1楽章から第4楽章までの大作で、演奏・合唱の全てが終わるまで
30分くらいかかります。

 

そんな「大いなる秋田」を学生時代に歌う機会があり、
まだ未熟ながらも、歌詞に並ぶ故郷への想いに感動し、
秋田を誇らしく思いながら歌った覚えがあります。

 

R-room_1182 (1)

先日「大いなる秋田」の特別公演の情報を知り、
行ってきました。

 

会場に集まったのは3,000人以上。
大人になり合唱の機会はすっかりなくなりましたが
会場は、事前に練習したかのような息の合った歌声が
響きわたりました。

 

校歌をエビ反りになりながら誇らしく歌った球児たちの
影響もあったのかもしれません。。。。

 

 

自分の暮らす豊かな故郷を思う良い時間でした。

これからも60年・70年と大切に残していきたいものです。

 

R-room_1188 (1)